jun2020_dali-halsman

 
サルバドール・ダリとフィリップ・ハルスマンのコラボレーションの軌跡

 
アジア最大級のダリ美術館である福島県の諸橋近代美術館では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を延期していた開館20周年記念展 第三弾『ダリとハルスマン』を、6月1日から再開している。
 
2019年より続く開館20周年記念展を締めくくる本展覧会は、海外から作品群を借用しての展覧会は、20周年にして館初となる試み。37年間に及ぶダリとハルスマンの関係性にフォーカスする写真展としては日本初であり、日本初公開を含む60作品が一同に揃うまたとない機会となっている。
 
ダリの有名な写真《ダリ・アトミクス》(1948) を撮影したフィリップ・ハリスマン (1906-1979)。彼のポートレートは長きにわたり世界中の雑誌の表紙を飾り、アメリカのLIFE誌においては、同誌史上最高の101回にわたり表紙を飾っている。Jumpシリーズでは、マリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンを始め、当時の政治家、作家、科学者など数多くのスターの本質を捉えている。
今回はその中から、サルバドール・ダリ (1904-1989) と共に歩みだしたハルスマンの写真をご覧いただける。パソコンでの画像加工が登場する以前、ダリとハルスマンが挑んだ驚くほど革新的な表現をお楽しみいただける。

Youtube:MorohashiMuseum / 「ダリとハルスマン」エピソード&作品解説 ①
 
Youtube:MorohashiMuseum / 「ダリとハルスマン」特別インタビュー:アイリーン・ハルスマン

 

開館20周年記念展 Vol.3『ダリとハルスマン』

会期:2020年6月1日 (月) ~ 9月6日 (日) 会期中無
   ※状況により急遽予定を変更する場合あり
   9:30~17:30 (最終入館は30分前)
会場:諸橋近代美術館
住所:福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23
 
観覧料:一般1,300円 / 高校・大学生500円 / 中学生以下無料
 
新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてご来館時のお願い
 
主催:公益財団法人諸橋近代美術館
企画監修:エリオット・H・キング (ワシントンアンドリー大学准教授)
企画協力:フィリップ・ハルスマン・アーカイブ (ニューヨーク)
 
諸橋近代美術館
公式サイト | Facebook | Twitter | Instagram | YouTube

 

 
jun2020_dali-halsman_cartel

 
情報元:諸橋近代美術館