ene2019_expofoto_kumano-kodo_top

 
ユネスコ世界遺産に共に登録されている世界でも稀な「道の世界遺産」、スペイン・ガリシア州のサンティアゴ巡礼路と日本の熊野古道。このふたつの世界最古の巡礼ルートは1998年に姉妹道協定を結んでから20周年を迎えている。さらに2015年にはサンティアゴ巡礼路と四国遍路が協力協定を締結し、文化交流での相互協力を深めている。
 
熊野古道を有する和歌山県と観光交流協定を結んでいるサンティアゴ巡礼路を有するスペイン・ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラにて開催される写真展『Kumano Kodo: Unha peregrinación a través do tempo』では、2人の旅行写真家、スペイン人のLuis Gago氏とアイルランド人のAoife Ni Dhubhda氏によって、2017年秋と2018年春の2度に渡って撮影された熊野古道の写真がカラーと白黒の37枚展示される。

 
ene2019_expofoto_kumano-kodo_1
 

 
熊野古道
熊野古道は、熊野三山である熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社に詣でるための参詣道であり、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府を通る。
2004年、日本の宗教文化の発展に貢献してきたことや、霊場と人々を結ぶ参詣道が現在に至るまで保存されてきたことで「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録された。

 

写真展『熊野古道:日本最古の巡礼道 -時を経ての巡礼-』

開催期間:2019年1月24日〜4月30日
会場:Museo das Peregrinacións e de Santiago
住所:Praza das Praterías, 2, 15704 Santiago de Compostela, A Coruña

 
ene2019_expofoto_kumano-kodo_cartel
 
情報元:Museo das Peregrinacións e de Santiago