ene2018_que-es-nihonguear-2_main

 
マドリードで毎月開催されている、日本語会話クラブ『日本語で話そう!Vamos a Nihonguear!』。
この会のオーガナイザーである国際交流基金マドリード日本文化センターの鈴木広夏さんに、この会話クラブをご紹介頂くべく御寄稿を頂きました。皆さんもNihonguearに参加してみませんか?


 


 
Nov2015ESJAPON_ R_Nihonguear_ja
 

日本語会話クラブ『日本語で話そう! Vamos a Nihonguear』って何?

Nihonguear (ニホンゲアール) は造語で「日本語」とスペイン語で一般的な動詞の原型の語尾「-ar」をくっつけた言葉です。大意としては「日本語を通して何かをしよう!」といったところでしょうか。
一般的な言語交流会と違う点は、基本的に日本語のみで話す日本語会話クラブであることです。会の中では会話活動だけではなく、ちょっとしたゲームやアクティブティも取り入れながら、日本語を使ってみんなで楽しむことをモットーに、人と人とをつなぐ交流会を目指しています。また、なかなか日本語を話す機会の少ない日本語学習者が、日本語を自由に使える場を提供することも定期的に開催を行っている理由です。
 
この会は講座受講生だけでなく、他機関で日本語を学んでいる学習者や独学の学習者など、日本語学習に興味のある方であれば誰でも自由に参加することができます。初級から上級者までの幅広いレベルを対象としています。
*日程は変更・キャンセルになる場合があります。適宜JFMDのWebサイトをご覧ください。
 参加希望の方はあらかじめ nihongo@fundacionjapon.es までお問い合わせ下さい。

ene2018_que-es-nihonguear-2_3

 

 

“Nihonguear”ってどんなことをするの?

開催時間は19:00〜20:30の90分間です。基本的にはアイスブレイキングとしてちょっとしたアクティビティを行ったあと、会話活動を行います。会話活動は毎回テーマが決まっていて、そのテーマに基づいたセッションを2回行います。各セッションでは話す時間をできるだけ十分に取るようにしています。

ene2018_que-es-nihonguear-2_1
 
会話セッションは、6名程度のグループで輪になり座って行います。いつもグループごとに話が盛り上がり、楽しそうな笑い声であふれています。また、ほかのグループの人とも話しやすいように、最後に自由会話の時間を設けています。
 
過去の会話テーマ例:「夏休みの過ごし方」、「日本とスペインの習慣」、「もうすぐバレンタイン」、「わたしのストレス発散方」、「1年のイベントとお祭り」、「おすすめの映画」、「死ぬまでにしたい5つのこと」など
過去の活動例:自己紹介ゲーム、仲間探しゲーム、5秒お絵かき、〇〇と言えば…ゲーム、早口ことば、折り紙など

Nov2015ESJAPON_ R_Nihonguear_05

 

 

第30回の開催を迎えて…

2019年5月にめでたく第30回を開催することができました。これも皆様のサポートがあってこそだと感謝しています。当会を開催するたびに、たくさんの方との出会いがあることを大変嬉しく思います。今後も一人でも多くの方にこの会について知っていただき、日本語を使って交流を育んでくださることを願っています。
 
引き続き、参加者のみなさん一人ひとりが充実した時間を過ごしていただけるよう、アクティビティや会話のテーマを考えていきたいと思います。会の最後には毎回小さいアンケートを実施しています。アクティビティの内容や会話のテーマなど、ご意見があればぜひお知らせください。
第30回を迎えた今、「人と人とをつなぐ会」の一方的な提供から、参加者も会のプランニングにかかわれる「参加者みんなで作りあげる会」を目指せていけたらと考えています。

ene2018_que-es-nihonguear-2_2
 
< 日本語話者の方へ >
初めて参加する方から「学習者に合わせてゆっくり日本語を話すべきですか?」と質問されますが、ご心配なさらないでください。普段と同じように普通に話していただければと思います。
当会では、日本語学習者同様、日本語話者の方にも会話を楽しんでいただくことを目的としております。実際に参加してくださった方々からは「みなさん日本語が上手で本当にびっくりした」、「色々な話がたくさんできてよかった」、「スペインと日本のちがいについて知れて楽しかった」といった感想が多く、リピーターも大勢来てくださっています。
 
【最後に】
参加者の中にはNihonguearがきっかけで友だちとなり、会のあとに食事に出かけたり、ペアで言語交換をしたりと、さまざまな形でネットワークが広がっているようです。Nihonguearは年に6回ではありますが、これからもずっと日本語学習者と日本語話者の交流の場であり続けていきたいと思います。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

ene2018_que-es-nihonguear-2_5

鈴木 広夏 / Hiroka Suzuki 

 

 
oct2019_nihonguear_hs寄稿者プロフィール
鈴木 広夏(すずき ひろか)


国際交流基金マドリード日本文化センター
日本語専門家(JF日本語講座担当)
 
Fundación Japón de Madrid
住所:Palacio de Cañete – 2ª Planta. C/ Mayor, 69, 28013 Madrid
TEL:913 101 538
公式サイト | Facebook | Twitter